DESIGN | ART

和モダン空間のデザインに最適な「越前和紙」が、欧州に初上陸。

P26E810

株式会社太陽は、1500年の歴史を誇る「越前和紙」を用いたインテリアメーカーです。昨今、欧州で注目されている、洗練された和モダン空間。職人の手仕事から生まれる和紙は大判サイズの制作が非常に難しく、建築家のニーズに対応できる柔軟性に欠けていましたが、「越前和紙」と太陽の技術が合わさることで、建築資材として使用できる和紙製品が完成。既にアジアでの展開実績を経て、いよいよ欧州に展開します。


あなたにオススメしたい理由

  1. 市場特性に合ったオリジナル和紙製品の開発・量産化が可能。
  2. 壁紙・ふすま紙をはじめとする、建築資材としてニーズの高い大判サイズを制作できるのは、日本国内では「越前和紙」のみ。
  3. 写真や絵画、印刷物など、アート作品を具現化する技術力と、小ロットにも対応する柔軟性。

プロジェクトについて

日本古来から伝わる和紙は、強靭で柔らかく、1000年以上の耐久性を誇ります。中でも、1500年前、女神が村人に紙漉きの技術を教えたのがはじまりとされ、崇高な歴史を持つ「越前和紙」は、和紙文化にとって欠かせない存在。日本初の紙幣も「越前和紙」で作られています。
太陽は、「越前和紙」の特徴である「唯一、大判サイズを漉けること」「厚みを自在に調整可能であること」「独創性の高い模様の技法があること」に注目し、インテリアやアート作品など、幅広いデザインや色味、質感を演出。さらには、次世代のライフスタイルに向けた新製品の開発にも余念がなく、著名建築家やアーティストに支持されています。

神社福井県越前市の大瀧神社・岡太神社。女神が授けたとされる「越前和紙」は、日本で唯一、「紙の神」である川上御前が見守る崇高な紙。

かみすきのコピー透かし技術は、「越前和紙」が発祥。水圧を利用して模様を施す「落水・水切り」など、熟練の職人による美しい技法が特徴です。

‘å—z世界初の和紙壁紙は、豊富なデザインがラインナップ。壁、天井、家具など、様々な壁面への施行を実現。

P04-1世界の和モダン空間ブームを牽引する、ふすま紙。日本の著名な神社仏閣は「越前和紙」の手仕事。扉として、パーテーションとして、空間を自由に仕切ります。

‘å—z安らぎを感じる、透かし技法による柔らかい灯りが魅力です。パーテーションや大規模照明として展開可能。関西国際空港内レストランにて太陽のライティングが採用されています。

私たちについて

太陽は、滋賀県彦根市に1877年創業。140年前から和紙制作を始め、70年前に自社ブランドの展開をスタート。市場への適応力が高く、スピーディーに商品化する開発力は、他に類を見ません。
和紙は繊細でありながら、1000年以上の耐久性を誇る大変丈夫な紙なのですが、その薄さのため、「壁に直接貼る」という行為は敬遠されてきました。そこでわたしたちは、独自の技術によって和紙に厚みをもたせることに成功し、世界初の和紙の壁紙を作りました。昨今では、海外での和室デザインの需要拡大に伴い、襖紙の新商品開発をスタート。伝統と歴史を継承しながら常に新しい時代を見据え、日本で愛されてきた和紙文化の可能性を広げていきます。

2208c

あなたと一緒に目指したいこと

和紙は、日本式の家屋でのみ使われてきた伝統があり、海外進出が遅れている背景があります。しかし、日本文化への関心と共に、和モダン空間ブームが高まる中、「越前和紙」のデザイン性や、市場や顧客の動向に細やかに対応できる開発力により、海外での和紙の可能性は無限に広がりをみせています。
世界で「紙」と言ったら日本の「越前和紙」と言われるようになりたい。その足がかりとして、まずは「デザイン」と「ファッション」の国、イタリアで挑戦していく決心をしました。世界の街に、和モダン空間を一緒に作っていきませんか。

こんなビジネスパートナーを探しています

  • 和モダン空間に関心の高い建築家やアーティストとつながりの深いディストリビュータ
  • 和モダン空間をデザインしたい建築家・デザイナー
  • 和モダンな建築資材・照明を展開したいメーカー・ショップ

ビジネスパートナー候補として、応募できます117387ƒvƒŠƒ“ƒg

関連記事

  1. 13_7 13sedicesimi、世界にたったひとつのノートをあなたへ。…
  2. future1 FUTURPROJECT – ハッピーデザイン、フューチャリズム…

PICK UP PROJECTS

  1. l
  2. P26E810
  3. dammy3
  4. MARM6_b
  5. future1
PAGE TOP